保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当の優しさがそこにあると・・・

<<   作成日時 : 2013/01/14 21:24   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

寒い所には寒い時に行くのが旅の極意なのだそうですが・・・。

日曜日に管理人が向かったのが↓こちら。

http://japancatnetwork.blog.fc2.com/

管理人が暮らした猪苗代町に拠点を設けて被災動物のレスキュー活動に取り組んでいらっしゃるジャパン・キャット・ネットワークさんのシェルター。

画像


今日(月曜日)から荒天の予報が出ていたため、この時期とは思えないくらい温かだった日曜日に訪問。
「寒い所には・・・」ではないの?という声も聞こえてきそうですが、猪苗代から福島に転勤して4年目という事で、若干、雪道運転の感覚も薄れているし・・・という事で。

日曜日の午後に訪問した管理人。スタッフの方に聞くと午前の作業が終わって、後は夕方の散歩まで特段の予定は無く時間があるので、できればネコと遊んでやってほしい、との事。

画像


ネコ部屋に案内されると、管理人が遊んでやろうとする前に、ネコに絡まれておりました。
相変わらずここの子たちはみんな人なつこいですねぇ〜。近すぎて写真もボケてますが・・・。

画像


過去記事で↓チラッと紹介させていただいていますが・・・。

http://himaneko.at.webry.info/201204/article_3.html

ここのボランティアのお兄さん、ずっと住み込みでボランティアへと携わり、1年間のボランティア活動をとりあえず卒業して16日に郷里へ帰られるとか。
管理人が言うのもナンですが、1年間の長きにわたり、お疲れさまでした。
どうぞまた磐梯高原の景色を楽しみに訪れてくださいませ。^^

で、予報どおり大雪となった今日、管理人が出かけて来たのが福島市飯野町にある福島県動物救護本部の第1シェルター。とりあえず雪かきから作業開始となりました。

シェルターで保護しているイヌは、同じ県内でもほとんど雪の降る事のない浜通り地方出身のハズなのですが、大雪を目にして怯えるどころかはしゃぐヤツ多数。
雪の中を長靴で引っ張り回され+走り回されて、いつもより体力消耗したような。ヲイ!

画像


さて、管理人は一介のボランティアという立場上、いろいろな「お約束」もあって直接的な情報発信はしてきませんでしたが(それとなく過去記事には書いていましたが)、先日、新聞にも掲載されましたので・・・。

福島県動物教護本部の第1シェルターは三春町にある第2シェルターへの統合が進んでいて、1月27日に第1シェルターの保護動物を第2へ移送して、これ以後は第1シェルターでのボランティアは受け入れる予定が無く、第2の方へ向かってほしいとの事です。

シェルターをいつまでも存続させる事が本来の目的ではなく、またいろいろなご事情もあっての方針かと思います。
とにもかくにも第1シェルターの残り時間あとわずかとなりました。

週末でしたら駅からの送迎も承りますので(管理人車に同乗するともれなくマニアックなBGMも付いてきますが)、ボランティアご希望の方はぜひぜひ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
管理人さん
夜分にすいません。
ジャパンキャットネットワークのたくみです。

先日は本当にありがとうございました。
しかも僕の事まで書いてもらっちゃって。。。
僕はボランティア生活を終え実家で休息しております。

次は海外ボランティアを目標にしているので
英語の勉強と資金稼ぎを頑張りたいと思います!!
その前に未納分の税金支払いを頑張ります。笑

また福島に遊びに行ったりもするので
いつかどこかでお会いできる事を願っています。

本当に本当に沢山のサポートありがとうございました!
寒さも厳しくなり雪等の影響もあると思いますが
お体にはくれぐれも気をつけて頑張って下さい!
たくみ
2013/02/01 00:02
たくみさん、こんばんは。
改めまして1年間のボランティア生活、お疲れ様でした。

そちらのブログを拝見するたびに、以前の職場の近所であった事もあって、昔を思い出して懐かしいような感じで拝見させていただいておりました。

ボラ抜きでけっこうですので、ご家族、ご友人の皆様と磐梯高原の景色を見にでも、また来福してくださいませ。^^
スカイランサー
2013/02/01 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本当の優しさがそこにあると・・・ 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる