保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦しい時を乗り越えて、険しい壁を飛び越えて

<<   作成日時 : 2011/03/31 22:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

前記事のコメント欄では皆様より温かなメッセージを頂戴いたしまして、本当にありがとうございました。
管理人自身は無事で元の生活に戻りつつあります。

勤務先の建物が震災で立ち入り禁止となり、同じ福島市内にある別の支店に間借り?しての臨時営業継続中なのが何とやらですが、自転車通勤時に被っているのが↓こちら。

画像


その昔、県内各地のマラソン大会へ参加する事が楽しみだった管理人。
Tシャツやらタオルやらの参加賞がけっこうあるのですが、これは福島県原町市(現在は合併して南相馬市)で開催された第12回「野馬追いの里健康マラソン大会」に参加した時のものですね。

この大会への参加はご無沙汰してしまいましたが、復興の暁には必ずや!

おまけ
管理人がどこまでお役に立てるのか、はたまた需要が有るのかどうか不明ですが「ネコの一時預かり」可能です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント欄をチェックしてなかった私・・・
同じような方がいらして ちょっぴり安心したりして^^;

なにより ご無事の更新が一番うれしいですよぉ〜♪

聞いたところによると 預かりさんが一番不足してるとか・・・・・
ニャンママ
2011/04/01 00:51
ニャンママさん、こんにちは。
お陰様で何とか無事にやっております。
一時預かりですが、「快適」な環境とは程遠いですが、それでもOKとのお考えの方がいらっしゃれば・・・。
スカイランサー
2011/04/01 07:19
同じくコメント欄をチェックしてませんでした。
ご無事で何よりです、安心しました。
ちょっと遠くから、応援しています。
saru
2011/04/01 07:31
ニャンママさんのご紹介で訪問致しました。
ご無事で何よりでした。突然の書き込みで失礼いたします。

一時預かり可能とのことですが 南相馬市鹿島区 
厳密には30キロ圏の少し外側になるはずです
あたりまで迎えに行っていただくことは可能でしょうか。
ガソリン事情改善されてますか?
もし 可能であって どうしてもお願いしないと生きて行けそうもない
猫さんがいたら お願いできたらと思うのです。
またご連絡致します。私の素生は↓^^
http://plaza.rakuten.co.jp/yushingama2
いま見守って頂けたらと思うブログ↓
http://onyawan.blog93.fc2.com/
こちらのブログ主 わかにゃんさん いまパンク中ですので
直接のご連絡はご遠慮くださいませ。
近くで動ける方がいなくて苦戦中です。

moomama @実家が須賀川
2011/04/01 09:39
saruさん、こんばんは。
おぉ〜いよいよ引っ越しですね。
ミ○マ○さんの奢りで送別会でもと考えておりましたが、またの機会という事でお許しくださいませ。^^
新天地での生活が楽しいものでありますように。
スカイランサー
2011/04/01 21:47
moomamaさん、こんばんは。
ニャンママさんのブログのコメント欄で、度々お名前を拝見したりニアミスしておりましたが、当ブログへようこそ!
3週間が経過して、当地福島市のガソリン事情等々もかなりのレベルで改善されてきておりますよ。^^
出来る事は限られるかもしれませんが、もし必要の際には一声お声かけいただければと思います。
スカイランサー
2011/04/01 21:57
ありがたいお言葉、それだけでもう百人力です。
実家の周囲の被災状況がひどかったり こちら(東京)で見聞きする風評被害が目に余るものであったりと 勝手に?テンパッている私。
母はじめ実際に暮らしている方のほうが淡々と歩きはじめているように感じています。
ニアミスでしたか? 光栄です。また寄せて頂きますね。

moomama
2011/04/02 01:09
やっとコメントする余裕がでました。
遅れてすいません。
まず、猫たちの近況を。

金ちゃん 
お仕事から帰ってきたお母さんに、にゃあにゃあと、地震のときのご報告をし、なぐさめてもらい、元気とのこと。

銀ちゃん・はなちゃん(現・レンくん・ナナちゃん)
揺れが収まってすぐにお母さんが2ニャンをバッグへ。そのあと広いところへ車で移動し、夕方まで車の中に避難。大きな揺れで鍵をかけてなかったサッシが勝手にあき、そこから猫たちが外に跳び出さないで本当に良かったとおっしゃってました。
菅野
2011/04/04 12:05
やぎ
地震中は私とコタツの中。
大きな揺れが収まってすぐキャリーに入れ、毛布で包み家から脱出。
余震の続く中、前の空き地に夕方までおとなしく避難。
地震の翌日、行政からの避難指示で避難所へ。
その日から一昨日まで、車中泊(たぶん22日間)、毎朝氷点下で雪なんか降ったりして、本当に本当に本当に寒かったです。
避難所って、動物はダメだろうと私は最初から車中泊するつもりでしたが、車ってあんなに窮屈で寒いもんなんだなぁ!と実感しました。
避難指示は解除になってないのですが、胃腸炎になり避難所の衛生状態が心底嫌になってしまったので、自宅に避難することにして帰ってきたのが一昨日です。
やぎさんはおびえて夜鳴きがひどかったのですが、家に帰ってきたら悪化、朝から晩まで一日中鳴いてます。不憫です。
地震から3日ほど、飲まない・食べない・排せつしない、という状態になり泣きたいほど心配したのですが、動物病院で膀胱をおしてもらい点滴をし、元気のでる注射もしてもらったら、おしっこが出て、本当にホッとしました。
本当はその病院に預かってもらいたかったのですが、いつそこも避難指示がでるかわからない、ということで断られ、やぎは臆病だから知らない人のとこにおくよりいいかと開き直り、そのあとの車中泊を工夫しました。

ん・・・猫の近況より私の近況になってますね。^^;
とまぁ、みんな元気です。ご安心くださいませ。
では、とりあえず要件のみにて、失礼しました。
 
菅野
2011/04/04 12:06
菅野さん、こんばんは。
何やらイロイロと大変だったようですが、ご無事で何よりでした。
管理人がお手伝いできる事がありましたら何なりと。
スカイランサー
2011/04/05 20:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
苦しい時を乗り越えて、険しい壁を飛び越えて 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる