保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 似てきた

<<   作成日時 : 2008/01/05 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベルガーを「とりあえず」保護してから約2週間が経過。

過去記事のとおり、管理人の会社に捨てられたと思われるベルガー君、会社の中に居ても聞こえるくらいの鳴き声を上げ、誰にでもスリスリして愛嬌を振り撒き、与えられたエサは何でもあっという間に平らげていた。
このため、快食・快便で健康そのもの、誰にでもスリゴロ君です、という内容で里親募集サイトへ募集記事を掲載させていただいた。

画像


画像


で、2週間が経過し、快食・快便で元気なところはそのままであるが、お客さんが来ると隠れてしまうという状態が見られるようになってきている。
これがネコ本来の危険察知の成せるワザと理解できる面もあるが、依然として管理人に対しては鬱陶しく思えるくらいにスリゴロなベルガー君。

ベルガー保護作戦?のメンバーであり、同じ社宅の住人でもあるヤマノカミ氏やEK氏が訪問した際にも隠れてしまい、帰ると出てくるという(失礼な?)行動からも、なぜかしら「スリゴロ具合」が限定的になってきているよう・・・。オイオイ!

「誰にでもスリゴロ」は、もしかしてエサが欲しくての必死の行動だったのか?
そう思うと、ベルガーの置かれていた状況にひどく同情してしまい、何とかこの仔には幸せを掴んで欲しいと思ってしまう管理人・・・。

画像



もう一方の渚サンであるが、こちらは最初隠れているものの、興味に惹かれて自ら姿を見せるという、人見知りからの脱却を遂げつつある。経験の成せるワザなのか・・・。

                 久々のEK撮シリーズ
画像


画像


2頭で暮らすようになって何だか似てきたような感じがあるが、両方に良いお話を頂いているし、ここはひとつ両方ともに幸せになる、という点でも似ていただきましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
似てきた 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる