保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 猪苗代湖より深いナゾ

<<   作成日時 : 2007/10/11 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我ながら、どちらが本業なのか疑問に感じる事もある、仕事とオリエンテーリング。

先週あたりから両方忙しくなって、少々バタバタ気味。
こういう時は、家に帰ってネコ=渚が居るだけでどれだけ癒されることか。
ネコ以外でも動物好きな皆様にはご理解いただけるのではないかと思う。

                       癒される?
画像


ネコセラピーよろしく癒してもらうべく、2階で何やら音を立てて走り回っている渚サンの下へ表敬訪問してネコジャラシ片手に誘ってみが、相変わらずノッてこない。

管理人のそばで「お座り」(←犬か?)しているので撫でてやろうかと手を伸ばすと、わずかのところで手の届かない距離へパッと離れる。
が、直ぐにまた戻って来て元の位置へと落ち着くところをみると、多少は相手にしてもらえているようである。

撫でようとして手を伸ばす→離れる→戻って来るを数回繰り返し、また手を伸ばしたところで階段の上から下まで「一気に」駆け下りて行った渚の姿を目の当たりにする。
いくら何でも、そんなに逃げなくとも・・・とガッカリする管理人。

しばらくして戻って来た渚であったが、管理人の脇を駆け抜けて、押入上段の「渚スペース」へ一気に登頂していく。傍で見ていてもホレボレするような身軽さ。

このスペースに落ち着いている時には撫でる事が出来るのであるが、それ以外の場所と何がどう違うのか?毎日目にしている猪苗代湖より深いナゾである。

時々ではあるが、渚の方で撫でてほしい時にそこへ戻っているのでは?と思わせるような事がある。
押入の渚スペースをどうしようかと考えていたが、こうなると当分の間、保全区域に指定するしかないのであろうか・・・。

                   今日も出勤のお見送り
画像


そういえば一番上に書いた疑問も深いナゾのままで解決されていないような・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぺロっな写真、かわいいですね♪
いつみてもこのシンメトリーなホワイトの入れ方に惚れ惚れします。
傍に来るのは、撫でて欲しいからではなく、
そろそろお膝を拝借‥‥ってトコロではないでしょうか?
猫ってそうそう撫でられるのスキじゃないような気がします。
ウチのは撫でるとじゃれて噛んできます。
どちらかとうと、黙って膝の上で寝かしといてヨ‥‥
ってタイプです。
せっかく彼女の方から試みようとしているのだから
知らん顔して、乗りやすいお膝でスタンバっておいてあげるといいのでは‥‥?

じゃあ、本業は里親探しもいれて3足のわらじで
頑張ってくださ〜い!!
野良
2007/10/12 00:05
野良さん、こんばんは。
いつも的確なアドバイスをいただきありがとうございます。
今日の朝○新聞(だったかな?)に動物写真家の方の記事が載っていて、同じような意見でした。
付かず離れずが心地良いネコも多いようで・・・。
当ブログに訪問いただいている皆様と二人三脚で、3足目のわらじを履いていきたいと思います。^^)
スカイランサー
2007/10/12 21:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猪苗代湖より深いナゾ 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる