保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS お預かり一週間経過

<<   作成日時 : 2007/09/24 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

予想した方程式どおりというべきか、昨晩も元気だった渚。

ネコジャラシのおもちゃを咥えてパタパタ音をさせていったり来たり。
一晩中やっているのかと思ったら、管理人がフト目を覚ました3時頃にはキャットタワーの上で古葉監督状態。

「夜の運動会」の時間短縮のご褒美に体を撫でてやる事ひとしきり。
丸くなった状態だったので脇腹のあたりを撫でてやると満更でもない様子。
調子に乗った管理人、お腹の方に手をやったらネコキックが飛んできた。

すっかりタワー上が定位置になったと思ったら、朝になったら姿が見えない。
部屋の戸締りはしているし、外へ出るような箇所は無い。
家中を名前を呼びつつ探してみるが、渚の姿は発見できない。

小なる可能性で外を探してみるがやはり発見には至らず。
で、家の中を再捜索する事1時間。
1階の部屋の押入れに押し込んであるダンボール箱が斜めになっていたので、真っ直ぐに直すべく押したところ、ビミョウに何かに当たる感覚。渚が隠れていた。

                    箱の後ろに潜んでいた?
画像


ラフにではあるが、何度か1階の押入れの中もガタガタと探したのに、渚はじっと隠れていた事になる。

で、その後も1階押入れに篭城したまま出てこないので、管理人は戸締りを確認し、しばし出かける事とした。

                  篭城する渚にエサと水を差し入れ
画像


帰ってみると、1階押入れに渚の姿は無い。2階のケージの中のエサと水は減っていたので、一度は押入れから出た模様。
また朝の再現で捜索する事となったが、発見に至らず。朝の件があったので1階押入れは入念に探したが見つからず。
また小なる可能性で外を探したが、日も暮れているので捜索可能範囲は限られる。

「家の中に居るはず」との可能性を否定できず、夜の就寝時と同じ状況を作り出してみた。
すると、どこに潜んでいたのか渚がひょっこりと姿を見せた。
どこに居たのかという不思議さよりも、無事でいてくれた安堵感。

今日の二度の捜索活動で、管理人はまだ渚の信頼を得ていない事を実感。
預かり1週間目で、ちょっと厳しい現実を感じた・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ネコキックですかー、ふふっ
お腹は弱点のようですね、私も顔にネコキックされますよー、可愛いものでつい、
しつこくかまうと「やめろよ!」って。

犬は基本的に群れで暮らすものなのですぐに家族として受け入れてくれますが、
猫は単独行動なので初めは大変ですね。
まだ広いおうちの探検が足りないかな?


都わすれ
2007/09/25 14:16
都わすれさん、こんばんは。
アクティブな探索なら良いのですが、隠密行動は探すのが大変で精神衛生上も良くないので・・・。
広くは無い家のどこかにネコ・ポケットがあるようです。
スカイランサー
2007/09/25 19:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お預かり一週間経過 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる