保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の思い出2

<<   作成日時 : 2007/08/11 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

毎日暑い日が続いてますね。
おそらく訪問いただいている皆様のお住まいよりは涼しいであろう磐梯高原より、残暑お見舞い申し上げます。

過去記事でチラッと書いたところですが、管理人はここに来る以前は福島市に住んでいて、夏は盆地特有の暑さと共に過ごしていたので、当地一年目は磐梯高原の夏が物足りなく感じる程であったのに、その気候でも暑く感じるようになっているのであるから、慣れとはこういうものなのか・・・。

福島というと東北地方の一都市なので夏は涼しいであろう、と思われがちであるが、さにあらず。夏は35度を超える日もめずらしくなく、時折、「その日の全国最高」を記録してしまう事もあるので侮れない?
さらに盆地特有の気候で、夜になっても「暑く湿った空気が動かない」状態なので寝苦しい日々が続く。

管理人が住んでいたのは、福島駅から15分くらいの場所のアパート。
西側の道路を隔てた目の前が新幹線の高架橋で、その下の空間はちょっとした公園になっていたので、よくご近所のネコたちを見かける場所でもあった。

管理人は特段古い物が好き、という訳ではないが、そのアパートも入居時点で築20年くらいにはなっていたのではないか・・・と思う。当然、エアコンなどという物は無し。
ある年、夏の前頃に大家さんがトタン屋根をブルーからこげ茶色に塗り直した。
この効果があったのであろうか?異様に暑い日があった。扇風機を最強にしても寝苦しい夜に部屋の中をゴロゴロとのたうち回っていた事がある。
寝ながら汗をかいているのが分かるし、柱に触れると柱が熱をもっているのを感じるといった状態。

部屋の中が暑くて居られない状態で、「熱中症の危険を感じて?」ビールを飲みながら目の前の公園で涼んでいた事がある。

涼んでいたハズなのに、そういう時に限って近所のネコに見つかってひざの上に乗っかられてゴロゴロという状態になってしまったのはナゼなのか・・・。

                   ヒザに乗ってきたお方↓
画像


さらに暑くなったところで、懐中電灯の光が2つ近付いてきて、「何しているんですか?」との問いかけ。何とパトロール中の警察官の方に人生初の職務質問をされてしまった。
夜更けに公園のベンチでネコを膝に乗せてビール飲んでれば、十分に怪しか・・・?
という福島での(悲惨な)夏の思い出?がある管理人である。

               寒いネタのお詫びと涼しさを求めて↓
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
手で水を飲む猫の動画と日記
チンチラの日記 ...続きを見る

2007/08/11 20:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏の思い出2 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる