保護ネコ物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ファースト・コンタクト物語3

<<   作成日時 : 2007/07/04 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

職場駐車場で出会ったネコを社宅に連れ帰ってしまった管理人であるが、2日目の夕方、同僚たちに秘密裏に出会った場所へ戻しに行っている。

管理人の会社は高原地帯の山の中腹にあるが、見方によっては、いわゆるリゾート地帯ともいえるロケーションにあり、会社の前の道路を挟んだ反対側は別荘・ペンション地帯となっている。

そこに通年居住しているお宅もけっこうあるので、もしかするとこのネコ(ひま)もたまたまそこにいた、近所の人懐こい飼い猫を自分が持ち帰ってしまって、今頃飼い主は心配して探しているかもしれない・・・という可能性が、ひまの痩せた姿を見てもまだ捨て切れなかった。

職員駐車場に到着してひまを車から降ろすもそこにうずくまって立ち去る気配が無い。挙句、管理人にじゃれついてきて遊びのために連れ出したようになってしまった。
自分が一緒にいる事が帰巣本能の障害になっては・・・と可哀想ではあるが、ひまをその場に残したまま付近をしばらく散歩してくる事とする。

10分位で戻るとひまの姿が無い・・・と思った矢先、物陰から姿を現してまたも登頂の洗礼を浴びせられる事となった。
これはやはり捨て猫なのか・・・と元飼い主を恨めしく思う反面、この場に置いていったら自分も同罪という気持ちから、とりあえず保護+新しい飼い主探しを決意して、またも社宅に連れ帰ってしまった。
帰りの車中で、背後をよじ登ってくる→前足で頭を抱え込む→後頭部をかじるの行動に、一瞬「やっぱり置いてくれば良かったか?」の考えがよぎったりしたが・・・。

その後本格的な同居生活となり、キャリーバックを入手して安全運転が可能となった管理人は、別荘・ペンション地帯の管理人○○さんの事務所へひま同伴で訪ねている。

○○管理人さんの紹介で、その地区のお宅でネコを飼育している△△さんに事務所へ来ていただいて面会できたが、△△さんのお宅のネコではなかったし、近所でも見かけた事が無いとのお話であった。
4匹のネコを飼っているという△△家の奥さん、キャリーバックからひまを抱き上げて気に入っていただけたようであるが、一緒にいらした旦那さんが「これ以上増えては困る」といった表情で苦笑いしながら奥さんの背中をつついて帰宅を促していた・・・。

自力での里親探しの限界を感じた管理人は、その後ネットで「里親募集掲示板」の存在を知って募集記事を掲載してもらったり、ブログを併用するのが効果的との情報を得て始めてみたりして、ようやく里親様を見つける事ができたのである。

もし、ひまの募集記事がまだ何処かに残っているとしたら、このファーストコンタクト+αを保護経緯として書くと長くなりそうだったのと、同僚たちの手前、職場から社宅にわざわざネコを持ち帰ったとも書けなかった状況をお察しいただき、「社宅駐車場で出会った」としてしまった事「ウソも方便」でお許しください。m(_ _)m

加えて
社宅で飼っていたネコ(=ひま)の件でS氏に尋ねられる度、職場内に入りこんでS氏に遭遇したネコでは無いとしていた件
社宅所在地の区長さん宅に、ひまがこの近所のネコではないかとEK氏が情報収集に行ってしまったらしい件、
「ひま日記の購読料」としてチャラにしてもらえないだろうか?

画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
カミングアウト…ですか!^o^;
『会社!』の駐車場で、スカイランサーさんの後を
ちょこちょこと付いてまわった、この頃は小さかったであろうひま君の姿が目に浮かびます。^-^
Fess
2007/07/04 23:50
Fessさん、こんばんは。
ひまが青森に行ってからいつかは・・・と考えていたのですが。
同僚S氏、EK氏共に泊まりの出張でネット環境に無いであろう今日、やっと決行となりました。
会社の中に付いてくる、自分から車に乗り込んでくる、対面初日から登頂するという「つはもの」でしたねぇ。
スカイtランサー
2007/07/05 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファースト・コンタクト物語3 保護ネコ物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる